受付時間 : JST10:00 〜 JST17:00

担当正木: +84 (0)91 667 0027

投資用に不動産を購入したいが、その後お金を母国に持って帰れるのか?ホーチミン!

日本人もグローバル化が進み、海外との距離が近くなってきていますね!仕事や旅行など海外への移動が増えている中、お金の移動である国際送金はどうなんでしょうか?
国によって送金の大変差は異なるかと思いますが、とくにホーチミンはどうなのでしょうか?

結論、出来なくはない!
何とも歯切れが悪く、否定を否定しているようでも肯定を断言出来ていない表現となってしまいました。

断言できないのには、やっぱり理由があります!でも、方法はございます!!

実際には、簡単にホーチミンから日本へ送金出来ている人もいれば、銀行から用意して欲しいと言われた書類を用意したにも関わらずダメと言われるケースもあるそうです!

確かにホーチミンから海外への送金が厳しくなってきているのは事実ではございますが、皆様の回答に差が出る事が不思議ですよね。

なぜこんな矛盾やケースバイケースで異なってくるのでしょうか?

理由の一つは、各銀行全体での対応の問題と各支店での業務内容や現場で働いている担当者の知識によって、上記のようなケースバイケースになってくるようです。

各銀行での審査として厳しい基準を設けているとは思いますが、多くは海外送金に慣れている支店か(店舗)かどうかや、その担当者が送金方法や必要書類の知識があるかどうかによって左右されてくるようで。

支店によって、出来る出来ないや今迄出来ていた支店でも担当者が変わると出来なくなったり、初回は必要資料の提出を言われるが、その担当者が理解していなかったりすると、資料を揃えて持って行っても、やっぱり出来ません!なんて事も普通の事のように言われたりします。

そもそもの話をしてしまえば、ベトナムは国として成長しようと外貨を稼ぐために国や街のブランディングをしており、そこに似合う都市として機能性を持たせるために地域のインフラの整備、企業誘致、投資額やサービスの向上などを進めております!!

昔の日本の高度経済成長期と、外貨獲得の為の方法は異なりますが、外貨を獲得し国内での消費を増やす事で国の資金を増やしていますよね。

その為には、せっかく自国に入ったお金を国外に出したくないのは、よく分かります。

最近日本でもマネーロンダリングが問題となり、海外への送金が非常に厳しくなってきております!!

名目は脱税などと言ってはいますが、日本もベトナム同様に日本国内の資金を海外に流出させたくないので、同じことだと思います。
それでもいつかは、お金を母国に戻したいと思っておられる方が大半かと思います。

ですので、弊社は購入前の「不動産購入相談会」において、購入前から売却までを考えた提案をお伝えさせて頂いております。

ホーチミンでの不動産投資を考えられましたら、まずはアオザイハウジングにご相談下さい!!

不動産購入前のご相談は、弁護士や会計資格者のいるアオザイハウジングにお任せ下さい!!

賃貸・売買・管理の契約書の作成や納税などの税務処理、室内清掃などの維持管理、購入者や賃借人の募集など、弊社で全てサポートさせて頂いております!

オーナー様に代わり、コンドミニアムの管理、運営を行わせて頂いております。
ホーチミンにいらっしゃらないオーナー様もご安心下さい。



【オーナー様への管理サービス提供事例】
■空室時の鍵の管理
■賃貸募集、ご案内時の部屋の鍵開け
■契約書、デポジット、前家賃請求書作成
■引渡し前の簡易清掃
■引渡し時の水道、電気メーター、備品の借主との確認立会い
■公安滞在登録
■賃料請求書の作成(入居者の希望による)
■賃料の督促
■賃料収入の納税
■エアコンの掃除、設備の不具合時の窓口、修理手配
■退去時の水道、電気メーター、備品、その他未清算サービスの借主との確認立会い、鍵の備品の返却



※最近のホーチミンでは、お部屋を借りる際に借主が法人での希望も増えております。
借主が法人様になった場合には、借主に賃料を納税した証明書のコピーの提供が必須となります。
弊社では会計資格者や実務経験豊富なスタッフが、管理の委託を頂いたオーナー様の納税サポートも行っており、募集できる借主の幅を広げるお手伝いをしております。



アオザイハウジングの賃貸仲介サービスの強み!!
ハイクラスアパートも豊富な実績がございます。



【借りたい方へのサービス】

経験豊富な弁護士・会計資格者・宅地建物取引士など資格者と日本人コンサルタントでサービス提供

賃貸仲介でも安心と信頼の接客を心掛けており、借主(法人、個人)のリピーターが多いのも弊社の特徴です。
■日本語でのサービス提供
■契約書の法的・税務的なチェック
■引渡し時の備品確認が丁寧(水道、電気メーターまで確認)
■希望者には賃料請求書を作成
■手厚い入居後フォロー(不具合が合った際の窓口も日本人対応)
■退去時がスムーズ(保証金返却、鍵返却の段取り)


【借主の仲介手数料が無料】
またホーチミンの日本人が対応している仲介会社には、仲介手数料をオーナー様と借主の両方から頂いている会社とオーナー様からだけ頂いて運営している会社があります。
弊社では、借りられるお客様からは仲介手数料を頂かない形態で営業しており、賃貸募集の際に強みとしています。



※不動産の購入もアオザイハウジングへ!

この記事を書いた人:正木雄太

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。
インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。