受付時間 : JST10:00 〜 JST17:00

担当正木: +84 (0)91 667 0027

ベトナムでマンションを購入したいけど、ベトナムのマンションはサブリース?ホーチミン!

ベトナムで不動産投資をしたいけど、ベトナムの不動産は購入出来ますか?ネットにサブリースって書いてありましたけど所有は出来ないのですか?

日本語の表現と英語の表現によって、確実にイコールと出来ない部分も出てきます!!

そんな相談も受けますが、例えば上記のサブリースへの認識など日本と不動産の法律が異なりますので、日本の常識とは異なった言い方?解釈が必要になるかと思われます。

結論としては、大きな認識としては「リース」と言う言葉が近しい表現になるのではないでしょうか!

本来サブリースは「又貸しや転貸」を意味し、日本では転貸を目的にオーナーから一括借り上げをするケースが多いと思いますが、ホーチミンでサブリースを仕事として行う場合は個人では出来ず、弊社のような外資100%でも、必ず会社にする必要がある事と日本円で約1億円の資本金が必要となってきますので、サブリース業務を行っている企業(外資100%)はほぼ皆無かと思われます。

誰かに貸す場合には購入して貸すか、借りて貸すかですが、後者はサブリースになり個人で行う事は出来ませんが前者であれば個人でも可能とあり、ホーチミンにお住まいでなくても、弊社と「管理委託契約」を交わす事で、貸す事が出来ます!

上記のようにマンションは購入出来ますが、そもそもホーチミンでは土地は国の所有ですので、原則借地権となり外国人は50年と言う期限付きとなります。

言葉の表現の問題になってきますが、日本語で所有権・使用権・借地権を表すと言葉も内容も異なり権利も異なり条件や費用なども変わってくるかと思います。

英語にもそれぞれの言葉はありますが、ホーチミンにおいてオーナーは不動産を購入した人であり、テナントはその部屋を借りている人となり、オーナーと言えども部屋を使用したり貸したりする権利を長期的に使用できるリースの権利を購入した事になり、その部屋を借りたいテナントはレンタル料を支払って使用(マンションの場合は使用目的は居住のみの場合が多い)することが出来る。

日本ではリースもレンタルもどちらも自分の所有ではないと思いますが、ホーチミンの不動産ではリースはほぼ自分の物と認識してもらってよいかと思われます。

いつまでたっても自分の物にならないのか!?と思う人もいらっしゃるかと思いますがメリットもあり、土地が国ものですので日本のように固定資産税はないとされております。
※日本のように毎年徴収されないだけで、購入時に多少の費用を価格に含めてるとも聞いておりますが定かではございません。

外国人が使用(所有)できるのがプロジェクト開始から50年とされている中で、外国人の購入が解禁されてからまだ4年強と40年以上は利益を得られる可能性が高く、誰しもが40年後になってみないとわからないので、今後の法改正と法整備にも期待されています!!

不動産購入は、弁護士や会計資格者のいるアオザイハウジングにお任せ下さい!!

賃貸・売買・管理の契約書の作成や納税などの税務処理、室内清掃などの維持管理、購入者や賃借人の募集など、弊社で全てサポートさせて頂いております!

オーナー様に代わり、コンドミニアムの管理、運営を行わせて頂いております。
ホーチミンにいらっしゃらないオーナー様もご安心下さい。



【オーナー様への管理サービス提供事例】
■空室時の鍵の管理
■賃貸募集、ご案内時の部屋の鍵開け
■契約書、デポジット、前家賃請求書作成
■引渡し前の簡易清掃
■引渡し時の水道、電気メーター、備品の借主との確認立会い
■公安滞在登録
■賃料請求書の作成(入居者の希望による)
■賃料の督促
■賃料収入の納税
■エアコンの掃除、設備の不具合時の窓口、修理手配
■退去時の水道、電気メーター、備品、その他未清算サービスの借主との確認立会い、鍵の備品の返却



※最近のホーチミンでは、お部屋を借りる際に借主が法人での希望も増えております。
借主が法人様になった場合には、借主に賃料を納税した証明書のコピーの提供が必須となります。
弊社では会計資格者や実務経験豊富なスタッフが、管理の委託を頂いたオーナー様の納税サポートも行っており、募集できる借主の幅を広げるお手伝いをしております。



アオザイハウジングの賃貸仲介サービスの強み!!
ハイクラスアパートも豊富な実績がございます。



【借りたい方へのサービス】

経験豊富な弁護士・会計資格者・宅地建物取引士など資格者と日本人コンサルタントでサービス提供

賃貸仲介でも安心と信頼の接客を心掛けており、借主(法人、個人)のリピーターが多いのも弊社の特徴です。
■日本語でのサービス提供
■契約書の法的・税務的なチェック
■引渡し時の備品確認が丁寧(水道、電気メーターまで確認)
■希望者には賃料請求書を作成
■手厚い入居後フォロー(不具合が合った際の窓口も日本人対応)
■退去時がスムーズ(保証金返却、鍵返却の段取り)


【借主の仲介手数料が無料】
またホーチミンの日本人が対応している仲介会社には、仲介手数料をオーナー様と借主の両方から頂いている会社とオーナー様からだけ頂いて運営している会社があります。
弊社では、借りられるお客様からは仲介手数料を頂かない形態で営業しており、賃貸募集の際に強みとしています。



※不動産の購入もアオザイハウジングへ!

この記事を書いた人:正木雄太

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。
インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。