受付時間 : JST10:00 〜 JST17:00

担当正木: +84 (0)91 667 0027

ホーチミンで不動産管理をお願いした時の委任状はどうやって取得すれば良いのでしょうか?ベトナムホーチミン!!

いろいろ検索しても出てこないのどうしたら良いのわからないと思いますが、意外と簡単なんです!!
委任の内容を確認をさせて頂き、それを書面にするだけですので、日本の委任状と変わらないです!!

委任状は日本で行うのでしょうか?ベトナムに行かなければ出来ないのでしょうか?

日本で何か用意する必要がありますか?と質問を受けますが、日本の役所に取りに行かなければならない書類はございません。

必要になってくるのは、下記の3点となります!!
・購入された時の契約書
・パスポート(購入された時と今のパスポートが異なれば両方必要ですので、古いパスポートも保管しておいて下さい。)
・引渡完了書(不動産の引き渡し書にサインされた書類)

ここから少し面倒ですが、委任状は日本でもベトナムでもどちらかの公証役場で公証する必要がございます!!

日本の場合でしたら、弊社が作成した委任状(ベトナム語と日本語)を公証役場で公証し、その他の認証を3つほどご自身で行う必要がございますので、各地に出向く必要がございます。

ベトナムで行う場合は、事前に確認した委任範囲の内容をベトナムの公証人にベトナム語で作成してもらい、私たちと一緒に公証役場に行き、書類の確認と面談を行います。(日本の公証役場も面談はございます。)

気を付けなければならないのが、どちらも事前に日時の予約が必要となりますので、遅刻厳禁の時間厳守となりますので、宜しくお願い申し上げます!!

お客様によっては、ベトナムに行くほど時間が取れない方もいらっしゃいますので、日本で行われる方もいらっしゃいますし、反対に有給や休日を利用して3日間ほど旅行兼手続きで来られる方もいらっしゃいます。

どちらも費用はかかりますが、ベトナムの場合は1回で済むのが楽ですね。

また、公証役場での公証は日本でもベトナムでも平日(月~金)のみ、対応してもらえます!!

どちらでも皆様のお好きな方法をご選択頂ければと思います。

今回は公証役場についてのみ記載になりますので、その後の認証手続きなど詳細につきましては、直接ご相談頂ければと思います!!

不動産管理は、日本大手不動産会社ベトナム支社のアオザイハウジングにお任せ下さい!!

賃貸・売買・管理の契約書の作成や納税などの税務処理、室内清掃などの維持管理、購入者や賃借人の募集など、弊社で全てサポートさせて頂いております!


オーナー様に代わり、コンドミニアムの管理、運営を行わせて頂いております。

ホーチミンにいらっしゃらないオーナー様もご安心下さい。



【オーナー様への管理サービス提供事例】
■空室時の鍵の管理
■賃貸募集、ご案内時の部屋の鍵開け
■契約書、デポジット、前家賃請求書作成
■引渡し前の簡易清掃
■引渡し時の水道、電気メーター、備品の借主との確認立会い
■公安滞在登録
■賃料請求書の作成(入居者の希望による)
■賃料の督促
■賃料収入の納税
■エアコンの掃除、設備の不具合時の窓口、修理手配
■退去時の水道、電気メーター、備品、その他未清算サービスの借主との確認立会い、鍵の備品の返却



※最近のホーチミンでは、お部屋を借りる際に借主が法人での希望も増えております。
借主が法人様になった場合には、借主に賃料を納税した証明書のコピーの提供が必須となります。
弊社では会計資格者や実務経験豊富なスタッフが、管理の委託を頂いたオーナー様の納税サポートも行っており、募集できる借主の幅を広げるお手伝いをしております。



アオザイハウジングの賃貸仲介サービスの強み

ハイクラスアパートも豊富な実績がございます。



【借りたい方へのサービス】

経験豊富な弁護士・会計資格者・宅地建物取引士など資格者と日本人コンサルタントでサービス提供

賃貸仲介でも安心と信頼の接客を心掛けており、借主(法人、個人)のリピーターが多いのも弊社の特徴です。
■日本語でのサービス提供
■契約書の法的・税務的なチェック
■引渡し時の備品確認が丁寧(水道、電気メーターまで確認)
■希望者には賃料請求書を作成
■手厚い入居後フォロー(不具合が合った際の窓口も日本人対応)
■退去時がスムーズ(保証金返却、鍵返却の段取り)


【借主の仲介手数料が無料】
またホーチミンの日本人が対応している仲介会社には、仲介手数料をオーナー様と借主の両方から頂いている会社とオーナー様からだけ頂いて運営している会社があります。
弊社では、借りられるお客様からは仲介手数料を頂かない形態で営業しており、賃貸募集の際に強みとしています。



※不動産の購入もアオザイハウジングへ!

この記事を書いた人:正木雄太

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。
インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。